最近はシングルマザーが風俗業界で働くケースも増えてきました。子育てと生活収入の確保を両立するために、託児所の手配や自由のきく勤務時間、そして高収入など、風俗で働くメリットに惹かれるのでしょう。
もちろん、風俗で働く以前に他の業種を探したり、生活保護を受けたり、親族などからの援助を受けたりと、考えられる方法は何かとありますが、家庭や個人の事情は簡単に割り切れるものではありません。その人その人で事情は異なるものですし、風俗で働くのもひとつの選択肢と言えます。
心理的に、シングルマザーは自立心が強い傾向があります。自分の手で子育てをして、生活の糧も自分で得ようと決心しているからです。同時に、男性に依存したい気持ちもゼロではありません。一度は結婚や出産といった経験をしている以上、もしもより良い関係を築いていたなら……という後悔も持っています。
デリヘルなど風俗で働くことは、収入面で有利だという事だけでなく、多くのシングルマザーにとって心理的に惹かれる要素があるのかもしれません。また最近のデリヘルでは人妻系の需用も多く、シンママであっても「人妻」として売り出せるのもプラス要因です。午前中・日中に働けるのも好材料と言えるでしょう。